五輪が始まりました、娘のところ観た都内ビッグイベントで憧れた詳細は

今から52カテゴリー先、都内五輪が開催されました。当時は中学生2年生で、ピッタリ、新しく転勤してきた体育の先生が、日本体育大学出身の柔道4段の勇ましい先生でした。1カテゴリーの時は器械体操を行っていたのですが、キチンとしたリーダーも無いまま1カテゴリーのラストら解散、2カテゴリーになった時点で出来た柔道部に、当時居た男子の8割を超える塾生が入部しました。当時は五輪の影響で動きは盛んで、柔道も神永アスリートが全盛の時代だ。さて、設定成った柔道部ですが、週間打ち切るうちに、特訓の厳しさに大半のメンバーが除け、残るのは2カテゴリー、3カテゴリー合わせて20人物もいない階段でした。本日思えば、どうしても強い特訓に自分が残るのは、今でも不思議な気持ちです。特に、厳しさだけは誰にも渡り合える新人の先生で在りました。こんな都会に都内ビッグイベントが行われたのです。ニチボー貝塚の女房バレーの活躍や、神永といったヘーシンクの柔道の賭けや、マラソンのアベベ、そうして鉄棒の小野で有名な器械体操といった、ちっちゃい中学校に大きな目論見を与えてくれたビッグイベントでした。あの当時に柔道を習った事が、先々高校生に進んでから再入部した器械体操に生きてきたのですから、不思議なものです。柔道の何が器械体操に生きたかと言うと、それは柔道で立ち向かう受け身だ。こういう受け身を敢然と練習したおかげで、器械体操の特訓中に落下したら大きな負傷をせずに済んだのだ。本日、TVで柔道の賭けを観ながら、その事を思い起こし文を書いています。塗るだけで治せる方法